羽川店スタッフが語る座談会

それぞれ全く違うキャリアをたどって、店舗を支える中核メンバーへと成長した4人のスタッフ。
個性豊かなメンバーにHonda Cars 南栃木について熱く語ってもらいました!

店長

菊池 洋平

2001年新卒入社

小山市出身。営業で入社して以来、羽川店に勤務。2009年に営業主任、その後、営業課長を経て、2017年に店長に就任。
仕事で心がけていることは事前準備。

営業チーフ

傳法谷 正行

2015年中途入社

鹿沼市出身。エンジンの製造会社からHonda Cars 南栃木へ転職し、2017年に営業チーフに昇進。日課は、気分をすっきりさせるのにも効果的な整理整頓。

CAチーフ

N

2011年中途入社

小山市出身。パートで入社し、仕事と子育てを両立しながら、2017年にCAチーフに昇進。すべてのお客様にファンになっていただける接客を目指す。

工場長

椎名 太一

2002年新卒入社

栃木市出身。サービススタッフとして入社し、2007年に転職するも、翌2008年に再度入社。日頃から大切にしているのは、父の教えの“実直に生きる”こと。
それぞれの思いを抱いて
Honda Cars 南栃木へ
傳法谷
私はメーカーにいたんですけど、お客様の声をもっと聞きたくて、販売店への異動願いを出したんです。でも、なかなか認められなかったので、この会社に転職しました。
N
かっこいい!私は、子育てしながらできる事務の仕事を探してたのがきっかけです。最初はちょっと楽な仕事をしたい気持ちもあったんですが、今はもう全然違いますね。殻破っちゃった(笑)。
店長
今ではお店の司令塔だからね。
工場長
私は整備士に憧れて、サービスとして地元で働けるこの会社を選びました。5年間働いて、ひと通りの仕事ができるようになったと自己満足してしまって、いったん辞めて違う仕事に就いたんですけど、そこからいろいろありまして……。
一同
(笑)
工場長
そんな時、当時の主任と工場長に声をかけられて、お店に行ったら、専務とサービス部長がいて、「お前だったらもう一度戻ってきてもらって、一緒にやっていきたい」という言葉をいただいたので、ここで一生やっていこうと。この会社って、一度辞めても戻ってくる社員が多いんですけど、優しい心がある会社だというのはすごく思いますね。
店長
私は人と話すのは嫌いじゃない方なので、地元で営業をやろうと、この会社を受けました。正直クルマはそれほど好きではなかったんですが、当時の上司が、まっさらな状態の方が吸収できるし、逆にいいんじゃないかって言ってくれたのを覚えてます。
関わってくれた人がいるから
成長できる
傳法谷
みんなそうだと思うんですけど、お客様に感謝されることが一番のやりがいですね。
店長
私は、お客様に温かい言葉をかけられて、クルマの中で何回か泣いたことがあります。事故の時に助けに行ったら、そのあと何台もクルマを買っていただいて、ずっと感謝してくださったり。あと、ほかの営業にお客様を引き継ぐことになって、ご挨拶に行ったら、奥様が泣き出して、自分も泣いてしまったり……。
N
やりがいは一杯ありますよね。お客様の感謝も嬉しいですし、自分のしたことが成果につながることも。工場長が、みんなが絶対気づかないようなことも「あいつはすごいんだよ」って、どこかで言ってくれたり。
店長
Nさんのここ3年の成長率は、昭和の日本の高度成長期よりすごい。
一同
(笑)
N
辛い時もありましたけど、3〜4年くらい前のメーカー主催の技能コンテストがきっかけでしたね。筆記テストは良くても、実技の接客が全然できなくて…… 。私、負けず嫌いなんですよ。
店長
それはみんな気づいてます(笑)。全員知ってます(笑)。
N
そこで負けたくないスイッチが入って、どんどん接客しようって思ったら、楽しくなってきて。それからは、コンテストでも上位に入れるようになりました。
でも、工場長もすごく変わりましたよね?
工場長
昔は職人だったから。現場の稼ぎ頭だったので、クルマを直して喜ばれたり、自分の技術力を上げることだけ。でも、接客メインのサービスフロントや工場長になって周りを見られるようになりました。
店長
人間的な成長ができるね。壁を乗り越えて自分がひと回り大きくなれるというか。
N
店長も主任の頃は「一匹狼のトップセールス」って感じだったのに、課長になってからはいろいろ気にしてくれるようになって……。
一同
(笑)
店長
なんでかというと、任されることが増えて、やらなきゃいけないって思いが強くなったのと、当時の店長に呼ばれて二人で話したんですよ。店長が自分を成長させようと、いろいろ仕事を振ってくれるのが伝わってきて。それがターニングポイントですね。
N
他のお店でも、全然できなかったのにいきなり変わる人がいて、それってやっぱり、周りに評価されるのが嬉しいからなんですよね。がんばってるところをちゃんと評価してくれる会社だから。それに、こんなに仲がいい会社ってないですよ。仕事で悩んだ時も相談しやすいですし、元気がない時は、みんなが見ててくれるし行動してくれる。
傳法谷
僕はこの会社に入って、全員向上心がすごく高くてびっくりしました。そこは転職して本当に良かったところ。一人ひとりが改善しようという気持ちで仕事に取り組んでる。大先輩が慣れた仕事でも手を抜かないから、自分ももっと頑張らなくちゃって思います。慣れが一番怖いし、継続することが一番大変だから、それをやってる姿がすごいなって。
工場長
サービスの場合は、失敗しても時間がかかっても、最後まで一人でやらせてもらえることが大事ですね。先輩に聞けばその場ではできますけど、そのあと覚えてない。先輩の3倍時間がかかっても、一人でやったほうがよっぽど次につながるんですよ。で、作業終えて先輩に報告すると、自分が1時間かかった仕事を先輩が目の前で2秒でやっちゃう(笑)。それでもまた次にやらせてもらえる。
店長
私は他の会社は知らないですけど、人間味がある会社だっていうのはすごく感じますね。社長も入社当時の上司も、ちゃんと怒ってくれて、褒めてくれて。特に社長がそうですけど、気づいてくれる人が多いですね。
社員と会社が一緒に伸びていく
傳法谷
トップセールスは目標にしてないんです。まだ入社3年目なので、お客様の信頼をもっと厚くしていきたいですね。それができれば実績はついてくると思うので。
N
私の目標は、お客様に覚えてもらうことと、営業もサービスもサポートできるオールラウンダーになることかな。
店長
私は会社と一緒に自分も成長して、さらに家族に誇れる会社にすること。そして、このお店を地域No.1にすることですね。CSももう一度全国No.1に返り咲きたいので。
N
私もそこは本当に力を入れたいです!
工場長
サービスが全員、技術も接客もレベルを上げて、営業やCAのみんなと一体になることが、計画達成につながると思っています。人を育てて全員のスキルを上げて、そのために自分のスキルも上げていくのが目標ですね。
店長
そういうがんばりをより評価してくれる制度もできたので、これから入社する人にはいいと思います!